クリニックブログ

blog

コロナ時代の歯科受診とは?

今年も感染症の流行が続いてますがなぜ歯科医院ではクラスターがないのでしょうか!感染対策も

徹底しているが口の中を清潔にする事で感染症の重症化を防ぐ可能性がある事は知っていますか?

なのに感染を恐れ通院を控えている事はないですか?

感染症はコロナだけでは無く、インフルエンザもこの時期流行します。口のケアで感染のリスクを

下げる事が分かっています。

特に歯周病を放置して歯周ポケットが深くなり細菌の温床となりウイルスが増殖する可能性につながります。

またウイルスは主に喉から侵入しますが、歯周病の方は歯周病菌によって感染症ウイルスが体内に侵入しやすくなるとも言われています。

口のケアは感染症予防に有効で全身の健康を守る為にも行う必要があるものです。

また高齢者や基礎疾患があり感染リスクが高い方も一度受診して口の中を清潔にすることも重要です。

最近大阪の吉村知事がツイッターで歯科医院はコロナウィルスは唾液に多く含まれているがなぜ

クラスターなどの感染がないのか?と疑問に思うコメントを出していたが、歯科医院の感染対策の徹底と口の中を綺麗にする事で予防に繋がっているのではないかと思います。

感染症が流行している今だからこそ歯科受診をしましょう!

 7/1からはこちらからご予約ください